BLUEMOON PARTNERSは沖縄から“世界級”を創出する次世代型ビジネスコンサルティングファームです。 / BLUEMOON PARTNERS INC.

TOP >  knowledge > レポート:琉魂異才 Part1

沖縄型現地法人化のススメ

 

「現地法人化」というのは、日本企業が海外展開する場合に用いられ、

文字通り進出した国で会社を設立登記することだ。

 

沖縄の場合も同様に、地元法人と沖縄支店では業績に差が出ることが多い。

沖縄は今なお人口増加が続いていおり、消費市場としても魅力的なだけに、

進出方法は慎重に検討してほしいものだ。

 

沖縄は、単に47分の1の県にとどまらず、外国と同様に一つの国として捉える必要があるとみている。

 

その背景として、

 

①郷土愛を超えた地域意識

②地元企業優先意識の強さ

③独自の文化スタイル

 

上記の3つがあげられる。

 

また、現地法人化するメリットして、地元に適合した経営判断が可能となることや、

人材の採用における優位性、地元の行政施策や民間企業からのサポートが得られやすくなることなどがあげられる。

 

さらに、参入企業には成功の勘所がある。牛丼の吉野家でさえ、

沖縄進出の際に他府県と異なるセルフ方式を採用した。地元人材の積極採用、管理職への登用なども大事だ。

 

本土企業の一支店として沖縄進出してもビジネスが成り立つ場合もあるだろうが、

実はチャンスを大きく逸失しているのかもしれない。

 

沖縄進出の際は、沖縄型現地法人とすることをお勧めしたい。

 

レポートをダウンロード(PDF-201kb)

  • AIKATA
  • DREAMERS
  • 沖縄県
  • 沖縄県産業振興公社
  • 内閣府 沖縄総合事務局
  • 中小機構 沖縄
  • WAOJE Okinawa
  • DRAGON ROAD - NAHA STARTUP PITCH EVENT
  • 那覇市
  • 沖縄観光コンベンションビューロー
  • メカル ヨン_ゴ(なは産業支援センター)

page top